融資(ゆうし)は、銀行などの金融機関が利息(金利)を得ることを目的として、会社、個人などの資金需要者に資金を融資する。ローン、借金(しゃっきん)とも呼ばれている。個人向け小額のサービスはキャッシングとも呼ばれる。 銀行の立場から見ると債権(資産)、借り手の視点から見ると債務(負債)になります。また、銀行側は、債権者借り手側の債務者である。 融資が行われる要因 借り手は、以下のような財政需要が発生する場合は、融資を受ける場合が多い。 投資関係 投資資本(クレジット入金までの肩代わり資金需要など) 事業用資産(工場、機械設備等)の購入 他社の株式購入(M&Aを含む) 個人 住宅、自動車、子の進学など数百万円以上の高額商品の購入(住宅ローン、自動車ローン、進学ローンなど) 事故や緊急時、生活費など突発的な理由による一時的な資金の手当て 他の人々からの借り入れを返済するために必要な資金 レジャーなど余暇の活用のための資金 日本では、家具、家電製品やブランド品など高額商品の購入は直接現金を融資せずに信販会社とクレジットカード会社が立て替えるショッピングクレジット(個品斡旋)またはクレジットカード(総合斡旋)で分割払いが一般的である。 銀行の場合、預金などをまとめ、資金需要者に対して一定の条件(財政状態、経営状況、業務内容、信用情報、担保価値)の審査を行い、融資として資金を提供する。大企業は、あらかじめ一定の金額までの融資枠を設定する場合もある。 返済 債権者は、債務者から元本(元金)と、この利息を受け取る(回収)の権利があり、債務者は融資金額の元本と融資金額にかかる利息を支払う(返済)の義務である。 償還方法は、次のような方式がある。 元利均等返済 各返済日に1回返済額をするたびに、金額を返済方式である。 毎回同じ金額を返済し、融資残高が多い返済初期には、返済金額の内訳についての利息分が多くなり、元本の返済分が少なくなる。 返済が進むにつれ、返済金額の内訳の元金返済分の割合が増加するため、返済初期にはなかなか元金が減少し、返済後期には加速度的に元金が減る。 この返済方法は、各返済当日のキャッシュフローが一定となるため、債務者が認めている払い戻しの金額がこれまで見たやすいという利点がある。一方、ローンの返済期間の初めには、返済額している者の支払いに充当される割合が多くの融資残高が減少しにくいという特徴がある。また、債務者に元本と利息をどのように確保しているかを全く難しいため、元金の残高があるかも調べるのは難しい欠点がある。 一般的に住宅ローンなどで使用されている。
[PR]
# by smile1102 | 2010-07-08 17:46